ウェッジウッドについて

7月 7th, 2014

和食器(陶器、磁器、ガラス、その他)の専門店 / 暮らしのうつわ 花田
私が好きな陶磁器メーカーはイギリスのウェッジウッドです。
ウェッジウッドは世界最大級の陶磁器メーカーのひとつで、歴史ある由緒正しいメーカーでもあります。

主に取り扱っているのは高級食器ですが、アクセサリーやタオル、小物も充実しています。

最初に興味を持ったのはカップ&ソーサーです。
シリーズ名も素敵です。
「ワイルドストロベリー」は有名ですが、他にも「コロシアム」「インディア」「ドルフィンホワイト」も素敵です。

高価なのでたくさん揃えるのは大変です。
私は1種類ずつ違う種類を買うようにしています。
その日の気分で好きなカップでお茶をいただきます。
お客様に好きなカップを選んでもらうのも、いいのではないでしょうか。

食器の他に時計もおススメです。
陶器の置時計です。
食器と同じ絵柄なのでとても上品で、種類も多いです。
電池交換も自分でできますから、手はかかりません。

時計はお祝いのプレゼントに最適です。
陶器なので落ち着いていて、どんなリビングにも合うと思います。

母の出身地の砥部焼きが好き

7月 3rd, 2014

陶器はそれ程集めていないのですが、海外製の物よりも日本の物の方が何となくしっくりきます。
陶器の中でも一番多く持っているのがカップ&ソーサーです。
コーヒーや紅茶を飲むのには最適だし、日本の物だとまた味わい深く感じられます。

中でも、母の出身地である愛媛県の砥部焼きは素朴で好きです。
白地に藍色のシンプルな柄でちょっと厚手の陶器なんですが、造りはしっかりとしているしぽっくりした手に馴染む感じがあります。

砥部焼きは普段使いにお茶碗やカップ&ソーサーなども使っています。
丈夫で長持ちしますし、一番古い砥部焼きのお茶碗なんか20年近く使っていると思います。

陶器には飾って見る楽しさがありますが、私は使って日常に溶け込むような親しみのある物がやはり好きです。
砥部焼きもそんな陶器のひとつですし、他にもそんな魅力的な陶器が日本にはたくさんあると思います。

年を取ったら陶器集めを趣味にするなんていうのも、楽しそうだなと思います。